シロアリ予防することでシックハウスになる可能性も

シロアリ予防は、個人でも行うことが出来ます。しかし、個人でシロアリ予防をする場合は、薬物散布をするしかありません。薬物散布をすれば、シロアリを死滅させることが出来ます。しかし、大量散布した場合は、住宅はもちろん人体にも影響を与えてしまう場合があります。薬物散布することで、シックハウス症候群になってしまう場合もあるのです。

シックハウス症候群

シックハウス症候群というのは、化学物質などを含有した建材を多く使用した場合、室内の空気が汚染されてしまい健康被害を与えることです。シロアリ予防の為の薬物散布でもシックハウス症候群になってしまう場合があります。

住宅や人体の事を考えるのであれば、駆除業者に依頼することをオススメします。業者では、人体への影響が少ない自然の薬品を使用してもらうことも可能です。